★『火事場の馬鹿力』

眠れなくなるほどおもしろい、人体のなぞをシリーズでご紹介。

◎●◎ 誰もが気になる人体の不思議 ◎●◎
~その1~

★『火事場の馬鹿力』

火事場の馬鹿力という言葉を聞いたことがあるでしょう。
「それって本当にあるの?」と疑問に思ったことはありませんか??

普段、私たちが使用している筋力は60%程度だと言われており、
残りの40%は余力として残され、通常生活において使われることはありません。
なぜなら、
100%の力を発揮した場合に体にかかる負担が大きくなってしまうからです。
なので、必要最小限の60%の力しか出さないように脳でコントロールされているのです。

しかし、
危険が迫っている時や、窮地に陥っている時などは、
アドレナリンを分泌し、脳のリミっターも解除され、
残りの40%の力が発揮出来るようになると考えられています。

これが『火事場の馬鹿力』なのです!!