★『お酒を飲んだ翌日、なぜ体がだるくなるの?』

 眠れなくなるほどおもしろい、人体のなぞをシリーズでご紹介。

◎●◎ 誰もが気になる人体の不思議 ◎●◎
~その6~

★『お酒を飲んだ翌日、なぜ体がだるくなるの?』

お酒を飲んだ翌日、全身に筋肉痛のようなダルさを感じたことはありませんか??
それは、「アルコール筋症」という現象が原因です。

体内でアルコールを分解するには、大量のたんぱく質が必要になります。
大量のたんぱく質を使うことによって、筋肉を成長させるホルモン「テストステロン」の分泌が減少し、
筋肉を分解するホルモン「コルチゾル」が増加してしまいます。

コルチゾルは筋肉を分解し、アルコール分解の為のタンパク質を増やします。
コルチゾルが増加し筋肉が破壊されることで、筋肉痛と似た痛みが起きるのです。

また、アルコールの分解には水分が必要になります。
体内の水分が減少することで、さらに筋肉痛が起きやすくなってしまいます。

なので、お酒を飲んだ後は、しっかり水分補給をしておきましょうねぇ~!!
 
-- ☆★癒し手 もみもみ★☆